総家元 服部 理春

古流東洋会

「古流東洋会のいけ花」

古流東洋会では、花が自然の中にあるときの、いわばあるがままの姿が最も美しいと考え、その美しさを大切に表現することを目指し、活ける心を重んじます。花を活ける心とは、花を愛する心であり、小さな生命を慈しむ心です。その精神性が、古来より日本に伝わる東洋的な思想に通じているところから「古流東洋会」と名付けられました。

 

 

華道古流東洋会 水墨花点前

家元 宮本 理峰

 

* いけばな芸術協会評議委員

* いけばなインターナショナル会員

* 世田谷区華道茶道協会副理事長

 

例年 流展の開催 他 各協会展参加

海外でのいけばなデモンストレーション文化交流

香港、プラハ、ロサンゼルス、ソウル、エチオピア、

トルコ、中国(西安、揚州、上海)、オ−ストラリア

 

副家元 宮本 理城

2009年1月選任